活動理念

Hand in Handの活動理念

私たちハンドインハンドは子育て力のアップのため、お母さんの知恵の共有化に力を注ぎ『つながりあい』を高め活かすためのネットワークづくりをより広域的に展開していきたいと考えています。
母親だけでなく、学校や自治体など、より多くのつながりあいをもった活動を行い、『地域のつながりあい』を強め、地域社会を明るく元気に、そして『家族のつながりあい』を深める活動を通して、未来を担う子どもたちをたくましく、または、思いやりのある人材に育てていきたいと考えています。その実現のためにしっかりとした活動と信頼を得るため、『特定非営利活動法人ハンドインハンド』として活動を行っています。

設立に至ったきっかけ

ハンド イン ハンドは子育て中の母親達が集まり、子育てのあり方を考え、絵本の読み聞かせ活動や手作り教室を通して地域の子供たちと関わる中、母親の勉強が必要と感じ、お母さん勉強会を続け、母親が企画し、講演会、シンポジウム、イベントを開催してまいりました。『より多くの人に知ってもらいたい』、『子どもの取り巻く環境を改善したい』、『母親として輝きたい』と言う皆の思いが大きくなり、今までの活動を土台に、より発展・展開させるために非営利活動法人として設立することとなりました。
今後も信用面、経済面をしっかり整え、『つながり事業』を通じて色々なことに貢献できればと考えています。

名前の由来

母親として子どもの未来や外部環境と言うものは非常に気になり脅威となるものです。同じ悩みや思いのお母さんが『手をつなぎ合おう!』を旗印に、まずは小さなことでも自分達でできることを一生懸命、積み重ねるごとに色々な『つながり』が生まれてきました。このつながりを活かし、地域貢献したいという思いと、子どもの環境や未来を整えたいという願いから『ハンド イン ハンド』と名付けました。