読み語りクラブ 読み語りの工夫~言葉遊びに富んだ絵本~
10時半~12時まで、ビッグ愛7階のボランティアサロンにてお母さん達が集まりました。
まず最初に早口ことばを練習。「お綾や 母親に お謝り」「新春 シャンソンショー」「引きにくい釘 抜きにくい釘 引き抜きにくい釘」「瓜売りが瓜売りに来て瓜売り残し 売り売り帰る瓜売りの声」を練習し3回ずつ言ってみましたら、大・爆・笑☆
早口ことばははっきりと発声する練習になることはもちろん、和やかなム-ドにもなりました。
ここから絵本の読み語り練習開始。今回は繰り返し言葉や言葉遊びに富んだ絵本を取り上げてみました。まず幼児向きの絵本『きんぎょがにげた』『わんわん おかお』『くっついた』『おふとんかけたら』『たまごのあかちゃん』を次のペ-ジの内容を考えて間のとり方に気をつけながら読んでみました。『わんわん おかお』や『くっついた』は、最後にお母さんやお父さんが出てきて、短く単純だと思いがちな絵本に込められた作者のあたたかい気持ちが伝わってきました。
次に小学生にも喜ばれる絵本『タンタンのずぼん』『りんご ごーごー』『へんしんマラソン』『おへそのあな』『おもちのきもち』を練習。『タンタンのずぼん』『へんしんマラソン』『おもちのきもち』は間の取り方に気をつけ、『りんご ごーごー』は子ども達がのってくれ、一緒にごーごーと言ってくれやすいテンポで読むように練習。『おへそのあな』は胎児の目線でほのぼのとした家庭の様子が描かれていてあらためて感動しました。
練習最後は、お母さんのための絵本とも言える『ちいさなあなたへ』を紹介。母から子ども達への思いがいっぱい詰まっている絵本に胸が熱くなりました。
さて今回は名作といえる映画『グッドウィルハンティング~旅立ち~』を紹介。理数系に秀でた能力も持ちながらも、過去の虐待が原因で心を閉ざし、警察に厄介になるような生活を送る青年が、その能力に気付いた教授が紹介した精神科医にカウンセリングを受けることで、ぶつかり合いながらも心が解き放たれ生き方を変えていくという作品。青年の友人が肉体労働をしている時に、青年の才能を活かすため、自分たちとここに居てはいけないと青年の背中を押すシ-ンは必見。高校生の子どもや夫婦で鑑賞するというときに是非おすすめ!

イベントTOPに戻る