サマースクール 絵手紙ひろば開催しました!

今年のサマースクールは『伝えよう 気持ち!』をテーマに、絵手紙ひろばを2011年8月2日(火)~6日(土)に観光特産センターこかわ2Fで開催しました。
初日は宮脇先生を迎え、言葉の大切さ、またそれを伝えることの大切さを河川の結晶の写真を見せていただきながら、お話下さいました。無関心でいることが、人やものを傷つけるという内容が心に響きました。子ども達も真剣に聞き入っていました。
その後、大きな紙に子どもたちが墨で丸を描き、先生が、筆使いや色の入れ方まで説明しながら実際に描いてみせてくださり、やさしいお地蔵さんの絵が出来上がりました!!
また、うちわに切手を貼って投函できることを知り、子ども達はカキ氷など夏の風物詩を真剣に描きました。また、ハガキにナスやゴーヤなどの夏野菜や花をじっくり観察しながら描き、ひとこと添えておじいちゃんやおばあちゃん宛にすぐ近くの郵便ポストに投函する姿が見られました。

3歳の幼児から84歳のご近所の方まで参加下さり、毎日通う子どもや長い時間取り組む子ども達、大人も真剣に筆使いを習い、心のこもった暑中お見舞いを贈ることが出来たと喜びの感想を多くいただきました。5日間の期間を設けることで、充実した体験を味わうことが出来ました。活字の多い生活の中、手書きの絵と便りは、言葉以上に心が伝わることを実感し、数を重ねることで豊かな発想・創造力が、発揮されてくることにも感動しました。
ゆっくり心を込めて描いた経験が想い出となり、これからに役立てていってほしいと思います。

event83.jpg

イベントTOPに戻る